決戦のドルキマスと、一部ウルドラのネタバレが含まれています。未読の方はご注意ください。(かつ、長文注意です…)









初めに記載させていただきますと…
今回、いち元帥キチガイにとって違和感がMAXだったので、完全にネガティブ方向にぶちまけております。

単なる個人の理解で、元帥の事しか考えてない人間の感想です。決戦のドルキマスを面白かったと思ってる方にとって、気分を害す内容を書いているので、その様な方はここからブラウザバックして頂けますようお願い致します。まじで…。




前置きが長くなってしまいましたが、私にとってこのストーリーは、

元帥の性格や設定の各所に、違和感を覚える残念ストーリーでした…。

違和感を覚える事になってしまった原因の一つは、今後も元帥を本編に絡ませようとしたせいなのではないかと勝手に思ってます…。
(多分、それだけじゃないですが)


ウルドラのここの伏線。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
ルミちゃんやファムといった他の登場人物達とは違って、元帥とは一度も会ってないので、答えを出した後に会う日がくるのかなー、と思ってましたが…。



そんな本編側の「展開」があり、その「展開」にあわせる様にドルキマスのキャラ、特に元帥を描く。だから、違和感が出てくる。そんな風に感じたストーリーでした。(いや、それだけじゃないですがw)

(もしこの予想があたってたとしたら、本編の都合なんかよりも、もっとドルキマスを大事にしてほしかった…。)




例えば、しょっぱなから、ここ。

FullSizeRender
何故いきなり元帥が異界に行きたがるようになったのか…。
元帥はそもそも、死を望んでいたはずでは?
たしかにドルキマスの世界には飽きたんだろうなーとは思ってましたが、死ぬにしたって異界で死ぬよりは、ドルキマスの世界でさっさと死んだ方がブルーノやエルナに会えるかもしれない分、元帥の望みに近いんじゃないかなーと思ってたのに…。


時系列的に決戦のドルキマスの直前にあたるドルキマス3のカードでは、こんな事を言ってました。

FullSizeRender
「軍人としての幸せは、意義のある死を賜る事。一兵卒の勇気ある死は、元帥といえど敬服せざるを得ん。さて、私はどこで死ぬべきか」

この「私はどこで死ぬべきか」のアンサーが「異界」ってぶっ飛びすぎな気がします。ドルキマスの死んだ一兵卒への敬服の気持ちは、どこに行ってしまったんでしょうか。ディートリヒという名前と共に捨ててしまったのでしょうか。


そもそも、異界にいくというのは、死を望む人間がとる行動ではなく、生に望みをかける人間がとる行動だと思うので、違和感MAX。





あとこれ。

FullSizeRender
冷凍睡眠ってぶっとびすぎwカチコチたまえよww
冷凍睡眠って、そもそもドルキマスの世界観にあってないし、クロスディライブレベルの技術では?
そんな技術を、「異界移動が出来るようになるまで起きてたくないから、ちょっと冷凍されとくわー」みたいなレベルで扱うってありえる?

単に、「私を蘇らせたのは魔法使いだ、魔法使いが決めたまえ」とかの台詞を言わせて、便利にストーリーを運びたいだけの設定にしか感じませんでした。



それにしたって起きてきたこの人、終始やる気ないし…。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
黒猫の人に全部判断を投げてるし…。
この世界を去るつもりだから、自分で判断する事を見送っているんだろうけど、なんだかなー。
この態度は、ノクトニアの意志に薄々勘づいて、黒猫の人を試したりしているせいかもしれないけど、それでも悲しい。ちょっとは自分の意志を見せて欲しかったです。ドルキマスに対するディートリヒの最後の置き土産なのにね。



あと、ウルドラとかとは関係ない所でも、今までの元帥と比べて違和感を感じるシーンがチラチラと…。
FullSizeRender
ものすごい与太話。
この与太話を、彼は第三皇子の名前で演説していますが、

FullSizeRender
こんな与太話に説得力を持たせる為には、第三皇子の名ではなく、ディートリヒ・ベルクの名で演説した方が明らかによかった気がします。
ていうか、世界で一番説得力を持たせられる名かもしれません。図らずとも世界を救った人物ですし…。


元帥は使えるものはなんでも使う男だったけれども、なぜ使わなかったんだろう。
自分の名前なんかに拘らずに、ここでディートリヒにジョブチェンジした方が都合よく物事が動くだろうに。そしてその方が面白かったのに!

(ドルキマス3のラストで「ディートリヒは歴史から消えた」と書いてあるから、話の整合性的にディートリヒを名乗れなかったのかもしれないけど、そんなのは、「実はあれは容姿や声が似ていた第三皇子がついた嘘だった」とか後から口伝させるようにすればどうとでもなるような…)



あと、このへん。
FullSizeRender
ディートリヒって戦争を求めていたんじゃなかったの!?!?!?

2ではこんな事言ってたのに。
FullSizeRender
FullSizeRender
戦争の中に生を求める習性は、ディートリヒだろうがテオドリクだろうが、彼自身の魂に刻まれているものなんだろうなー、と思ってたので…。



だからこそなのかもしれませんが、なんか今回の彼は、全般的にやる気がなくて空虚で、中身がなくて見てられないんですよ…。
昏い意志を持ちながら戦争に身を置くディートリヒは、昏いけれども底知れない強さを感じられたのですが、今回は本当に何事にも興味がなさそうで。やる気スイッチ不発の状態で頭脳だけで突き進んでいる感じがします。
ドルキマスの世界は彼にとって本当につまらないのになってしまったからなんでしょうか。


そういう意味ではローヴィが示してあげれば違っていたのかも知れない、と妄想せずにはおれません。
FullSizeRender
ディートリヒの敵を。
そうしたら、今回とは違うディートリヒやテオドリクが見れたのかも…。

(ただ、今回でドルキマスが平和になったので、これがノクトニアの意志から見た正史なんでしょうが…)




そんな感じの見せ場をあげればよかったのに、と思うほどに、ローヴィの扱いも酷かったですね。
FullSizeRender
ほんとひで。
ローヴィは2が一番よかったな。芯の強さとか感じられて、見せ場もあって。
いや、元帥も2が一番好きなんですけどもw
つくづく私の中のドルキマスは、ドルキマス2が基本なんだなーと自覚しました。


ちなみに他の各キャラも違和感ありまくりで…
FullSizeRender
フェリクス、こんなキャラでしたっけ?


そういえば、これも違和感…ってか、笑わざるを得ない。
FullSizeRender
FullSizeRender
音速を超えている戦艦の甲板の上に立てるジークw
想像したら笑うしかないww
ジークってフィジカルモンスターだったんだw


うーん、もしかしてこれって、本編関係なく、文章を作る人の腕がムニャムニャ…




ただ、今回のシナリオの中でも、好きだと思うシーンはいくつもありました。

FullSizeRender
エルナちゃんやブルーノ達のお陰でギリギリ人間にとどまれていたくだりはとても好きでした。


FullSizeRender
あと、シャルルルルリエちゃんもカッコ良い。



あとは、最後のこれも好き。
FullSizeRender
FullSizeRender
何をやめる事にしたんでしょうね?
話の流れから、「ドルキマスを滅ぼす案もあった」って事なのかなーと思いますが、もしかして、殺戮兵器はブラフじゃなくて本当にあったのかもなーという気もします。ジークに渡してたあのスイッチは偽物で、本物はディートリヒが持っていたとかね。ディートリヒが一人で消えたのも、本物を始末しに行ったとか。
そんな想像をさせるよいシーン。



あと、最後のここ。
FullSizeRender
ラストシーンが、テオドリク呼びじゃなく、「ディートリヒ・ベルク」呼びなのも好き。余韻があって。



ただ、仮に各所でいいシーンがあっても、そのストーリーの中で生きているキャラが崩壊してたらどうにも読めないんですよね…。(個人の見解です)
あー、ほんと今回のストーリー、○○さんに書き直してもらえないかなー。


まぁ、決戦のドルキマスはこんなもんだと割り切って、GAのストーリーに期待をかけたいと思います。
んでも、GAでもこの調子なら、もはや、私の好きだった元帥はいなくなったのかもしれません。私の中のキャラの死は、物語の中のキャラの死ではなく、キャラクター崩壊なので…。


そんなわけでGA投票しなきゃ!!

FullSizeRender

って、シラユキちゃんかよファーーー!?!??!?ww

(打倒、シラユキちゃんか…(白目))



そんなこんなでグダグダと長い長文でしたが、ここまでご覧いただいた方、大変有難う御座いましたm(__)m