GA2019元帥のストーリーのネタバレ含みます。ご注意下さい。









GA2019は元帥のストーリーだけ見てきました。


一言で言うと、
「え?元帥カッコいい。あと、ごめんこれ元帥が裏切るだろうと予想してて読んでた私でも騙されるわ無理抱いて」


でした。


もう、ほんと騙し方が気持ちいいww

FullSizeRender
こんな場で、"自分だけの有能な子飼い" にこんな事を言われた日には、信じちゃう気にもなるよねw



しかも、
FullSizeRender
ディートリヒはハインツさんの好みときた。
そういう風に調整したのは元帥だけどw
パネェ!!
やだー、イケメンって怖いわー。二度と信じないようにしようww



その上、
FullSizeRender
確かに粗野な態度の人って裏表が少ないってイメージありますよね。
特にハインツはキルシュネライトが好きなのでおそらく王道好きでありテンプレ世界が好きなんでしょうから、余計に騙されちゃうんでしょうね。





ドルキマス2の時も思ったけど、元帥のこの、相手にあわせた最適な方法で相手を信じさせてから裏切る元帥まじ元帥。



FullSizeRender
ドルキマス2では、黒猫氏の性善説的思い込みを使って軽く騙してましたしね。


相手の見たい世界、信じたい世界を提示してそれを信じさせて騙すんだよ、この人!


やだこの人マジ怖い!ww
もし近くにいたら絶対私も、私の見たい世界を提示されてコロッと騙されるわ!


そんでもって、追加でガチャを回してしまうんだよ!


……。



FullSizeRender
ほらね??(何がや)

限定が当たるという夢をみさせてガチャを回させるコロプラさんと同じなのです…(何がや?)





そして、
FullSizeRender

最後で一番安全だろう場所をすすめてみることで、相手の命を(自分の命もだけど)ゲームみたいに扱うのも元帥らしくてカッコよかったです(語彙崩壊)



元帥がかっこよすぎるお陰で追加でガチャを回した事も後悔に至りませんでしたわ!(おのれコロプラ!)





しかし、分からないのはクレーエ族関連です。
今回、ディートリヒが古代魔法研究所を訪れたのは何が目的だったのでしょうか。
成果を奪う目的ならあの段階で少年を逃すのは割にあいませんよね。
ガライドがなんらかの成果を手に入れるのを阻止する為だけだったんでしょうか?
少年はついでに逃した、くらいの。



……ストーリー的には、少年を弟だと知っているからこそゲルトルーデとの交換条件にした、というのか王道でしょうが、ディートリヒの性格的に無理があるでしょうしね。自分の血族を特別扱いしてそれを交換条件にあてがうような甘い人間じゃないでしょうし…。
別の目的があったのか、ただの偶然か。


ただ、ジークと初めてあった時のセリフから、あの時の少年って事くらいは気づいているかもしれませんね。
FullSizeRender




一方のジークはディートリヒの事を覚えているのかいないのか、
FullSizeRender
命の恩人をめたくそ言ってるのが笑えますw

まぁ気づいてたとして、あんだけ殴られたら嫌いにもなりますわー。20発はやりすぎたまえよ。




そんな感じでGA2018に引き続いて、ドルキマス3をうまく補完してくれるよいストーリーでした。

ドルキマスはこういうストーリーが出れば出るほど(薄かった部分の)厚みが増すのがいいですね。


だからこそ……だからこそ、
ドルキマス4はよぅ!!

元帥が主人公のドルキマス4が見たいんじゃぁあーー!


もしくは、ドルキマスの書籍化(紫藤ケイさん作)をお待ちしております!
(ゲルトルーデさんと私が100冊買います!)