ちょっと前の話題です。


アートブック発売を契機に、どのイベントをどのライターさんが書いたか公表されるようになってきましたね。
そのうちの紫藤ケイさんという方が、ご自身で書かれたシナリオ一覧を公開されてました。


ドル2とメアレスが同じ人…。

あぁ……。


次に元帥がでてくるやつは、どうかこの紫藤ケイさんに書いてもらいたい!

どうかお願いします。

20180712_092932

どうかお願いします。 
20180712_093021


どうかお願いします。

20180712_093051
ラインスタンプ土下座道


私が黒ウィズで一番好きなストーリーはドルキマス2でして…。(元帥好きの欲目)
次点がメアレス、次にアウトランダー。

全部この人でした……(血涙)


この方のストーリーは、ウィズをやってる層にうけるっぽい上に、どうもほかの方が書くストーリーとのはっきりとした違いを感じてしまいます。


例えば、突っ込み所の差。
  

ウケがよいストーリ代表でドルキマス2(欲目)と、そこまででもないストーリーのシュヴァルツを比べてみると分かりやすいので比較してみました。(シュヴァルツもいいところはあると思いますが、ライターが公開されてないのと、同じシリーズなので。)


以降、長文で個人の感想をダラダラと書いていますのでご注意下さい!!



突っ込み所の差

シュヴァルツ……これは以前にも感想あげましたが、突っ込み所が多過ぎ。アーティファクトの使い方や、各キャラクターの動機や振る舞いに突っ込み所が多すぎる。
たとえばこれ。
FullSizeRender
物語の最初の動機からして、わけがわからない。

ジークを探すことが、なぜ元帥を見つけることに繋がるのかかという説明がなく、それで納得するローヴィーがアホの子に見えてしまいます。
そもそも、顔すら知らない光紋の男を探すより、顔が割れてる元帥を直接探す方が早いだろうに…(しかめっ面の金髪野郎は、長身イケメンで目立つだろうに!)

こういうのは、ストーリーを進めたいがための無理矢理な動機付けに見えてしまいます。


一方のドルキマス2は、ストーリーが自然に流れているからか、不明点はあったものの、大きな突っ込み所はなかったように思います。



つぎに、余計なキャラの存在。

シュヴァルツのストーリーにキャナルとリクシスは必要ありませんでしたotz
わちゃわちゃさせてるだけだし!

kyanaru
ストーリー上いらないキャラとして扱われたら、キャラ自体の評価が落ちるから、やめてあげてー。


一方のドルキマス2では、新キャラのエルナ、フェリクス、レベッカと、モブがいない!!これだけでも凄いです…。
20180722_185107




最大の違い、敵キャラの魅力。

このカードのAS名が現しているような気がします。

Screenshot_20180712-095654

「よりよき国へと導くために」

国を想うアルトゥール vs 私情で謀反を起こす元帥、という構図が素晴らしい。(私の語彙力…)
もちろん、元帥にも表面上の正義があり、ドルキマス国民の支持は元帥にある、という二重の構図?があってのことですが。


また、書き捨てられることが多い中級ボスレベルですら、耳を傾けたくなる主張をしています。
20180722_192141

ザビーネの性能は忘れても、この叫びは忘れない。(私だけかも)



一方のシュヴァルツのラスボスであるハリールース……なんだこれ。
部下100人いるらしいですが、なにがよくてハリールースについているんだろう?

harry

部下だって馬鹿じゃないんですから、人望があったり有能だったりメリットあったりする人を選ぶと思うのですが…。


そもそもラスボスがヘボかったら物語がしまらないですしね。
メアレスのラスボス(?)であるディルクルムも、世を想う大義がある人物です。
diru



だからこそ、魅力あるラスボスを描ける紫藤ケイさんにシュヴァルツもしくはドルキマスの続編を書いてほしい!

シュヴァルツもしくはドルキマス続編は、共和党と君主制の主義の対立とか出てくる気がするので、これを煽れる人間は何らかの実力ある人間でしょうし。


そしてその魅力あるボスキャラを軽く越えていく主人公がいるからこそ、痺れるんだと思っています。

20180520_195950



どうかお願いします!

20180722_174312
どうかお願いします。



そしてオトナが本気で物事をお願いするにはどうしたらいいか。
もちろん、お布施ですわ(ゲス顔)


20180712_210537

取り寄せてみました、この方のラノベ。
昔の本だからなー、書店になかったので取り寄せ中です。読んだらレビューあげるかも。



もしかしたら今は、メアレスの書籍書いていらっしゃるんでしょうか。

紫藤さん、ドルキマスも書籍にしてくださーい!(絶対なさそう)

どうか、おねがいしまーす!
20180722_191056